総量規制対象外のカードローン

カードローンにおける総量規制対象外とは

総量規制対象外 カードローン

カードローンにおける総量規制対象外について詳しくまとめています。

総量規制対象外のローンは主に物を買う、保証人がつく、担保をつける、金融機関が行う融資を利用する場合のローンです。

総量規制は主に消費者金融が現金を貸し出す際に総所得の3分の1を超える現金を貸し出せないという制限です。

金融機関の融資には該当しません。

ただし、金融機関の融資でも消費者金融が保証会社となっていたり、消費者金融のカードローンを代理販売している場合には制限が課せられます。

総量規制対象外のローンを利用する際は金融機関に問い合わせ見ることが必要です。
総量規制対象外のローン
また、複数のカードローンをまとめる、おまとめローンも対象外となることが多く、この場合は保証人が必要となることが多いようですが、利用者が増えてきています。

複数のカードローンは生活を圧迫することが多く、また、長期のおまとめローンを利用して生活を立て直したいと考えて利用される方が増えています。

総量規制対象外カードローンの利点
総量規制対象外カードローンの利点

カードローンを利用するなら、総量規制対象外の銀行がいいと思ってる方もおられるかもしれません。

それはもっともなことで、確かに総量規制対象外の銀行を利用することには多くの利点があります。

まず、総量規制対象外であることによって、借入制限を受けないということがあります。

これがもし総量規制の対象になる業者であれば、借り手に対して年収の3分の1までしか融資してはならないという規制を受けることになるのです。

当然、大口融資は難しくなり、基本的に小口融資のみを主力商品としなければならなくなります。

その点、総量規制対象外になる銀行は、融資可能額、あるいは借入可能額という点で、制限を気にしなくていいという利点があるのです。

もちろん、総量規制対象外のカードローンであっても、デメリットはあります。
総量規制対象外カードローンのメリット
例えば、審査基準が厳しいということです。

これは、借入制限がないことや、金利が安いことに対して、そのバランスを取るための措置ともいえますが、借り手にとっては一つのハードルとなります。

総量規制対象外カードローンの借り入れ手順
総量規制対象外カードローンの借り入れ
総量規制対象外カードローン 借入

カードローンは一般的に所得の3分の1を超える現金を借りられないという総量規制によって制限がされています。

特に消費者金融のカードローンは厳しくチェックされます。

しかし、借り入れの手順をきちんと整備すれば総量規制対象外のローンを借り入れることも可能です。

総量規制対象外のローンを借りる際には2つの方法があり、1つは金融機関の融資を利用することです。

金融機関は総量規制対象外なので融資は利用することができます。

ただし、カードローンよりも厳しい審査である場合が多く、また、保証人や担保を要求されることもあるようです。

2つ目はローンをまとめるおまとめローンを利用することです。
カードローンの借り入れ方法
おまとめローンはローンの借り換えなので総量規制対象外です。

おまとめローンを利用して複数のローンを一本化できれば月々の生活費に占める返済額も減りますので自由に使える現金が増え、ローンを増やさずとも目的を達成できたという方も多いようです。

総量規制対象外カードローン 審査
総量規制対象外カードローン 借入審査

総量規制対象外カードローンの借り入れと審査
総量規制対象外のカードローンから借り入れしたいと思ってる方もおられることでしょう。

総量規制対象外のカードローンといえば、銀行を挙げることができますが、この銀行からの借り入れで注意できることはなんでしょうか?
それは、審査基準が厳しいということです。

これは銀行の特徴ともなっていますが、他の金融業者、消費者金融系や信販系の貸金業者と比べて、銀行は審査が基準が厳しく設定されています。

具体的にどのようなことがチェックされるかといえば、次のようなものです。

現在の収入状況をはじめ、他者からの借入件数、信用情報、居住形態、勤務先の規模、家族構成などです。

これらの一つ一つにおいて、基準を満たさなければ利用はできません。

総量規制対象外であるということは、借入制限がなく、なおかつ金利が安いことも特徴です。
借り入れ審査
しかしその分、貸し手を選ぶ必要があるため、銀行の審査基準は他よりも厳しく設定されているのです。

銀行でお金を借りるときは、ぜひこのような点に注意を払っておきましょう。

総量規制対象外カードローンの年齢制限
総量規制対象外カードローンの年齢制限

総量規制対象外カードローンは主に年齢制限が掛けられている場合が多いようです。

総量規制とは主に消費者金融がサービスしているカードローンやキャッシングサービスにおいて総収入の3分の1を超える現金を貸し出してはならないという制限です。

消費者金融向けの制限ですが、一部金融機関では法律に準拠した独自の制限をしているところも増えており、殆どのローンサービスで法律に準拠した審査が行われていると考えるとよいようです。

また、審査はいろいろなローンで借りたごとにチェックがされるので、複数のローンを持っていても法律に準拠した額までしか借りられないということも多いようです。
総量規制対象外ローンの年齢制限
総量規制対象外にローンを組むには担保をつける、保証人をつける、銀行からの融資にするなど、総量規制対象外のローンを探せばあります。

ただし、未成年は保証人になれないなど年齢制限が厳しく設定されていることがありますので収入の他に年齢についても確認しておくことが重要です

総量規制対象外カードローン 金利

総量規制対象外カードローンの気になる金利
カードローンと消費者金融のキャッシングとを比較した場合、カードローンは貸金業法の総量規制対象外になることが大きなメリットになります。

総量規制とは、貸金業者が融資できる金額の上限を定めたものです。総量規制の適用を受ける消費者金融のキャッシングは、年収の3分の1を超える金額を融資することができなくなっています。

カードローンは、総量規制対象外になりますので、年収の3分の1以上の金額の融資をすることも可能になります。そのため、家庭の主婦でもお金を借りることができます。
総量規制対象外カードローンの金利
カードローンは、総量規制対象外になるだけでなく、消費者金融のキャッシングよりも金利が安いこともメリットになります。

金利は金融機関によって異なりますが、最低金利は3パーセントから4パーセント程度が一般的で、中には1パーセント台で設定している金融機関もあります。

このように、金利が低いことがメリットになりますが、消費者金融のキャッシングよりも審査は厳しくなります。